Virtusize CEOからのメッセージ

私は日本のファッション業界に特別な思いがあります。Virtusizeの基本コンセプトである「自分のお気に入りの服と買いたい服を、重ねて比較する」というアイデアが閃いた時、私は世界中のオンラインショップを見て回り、サイズガイドの構成を調べました。そして、日本ではほとんどのオンラインショップに正確なサイズ情報が掲載されていたので、私はアイデアが実現できるということを確信したのです。

ファッション業界のEコマース市場は世界規模で拡大しています。しかし、ECサイトでは商品を手に取ることができないため、ユーザは商品が手元に届くまでサイズが合うのか分かりません。さらに、日本とアメリカではMサイズの寸法が違い、ブランドによっても寸法差があります。これはショッピング利用者の視点から見ると極めて不便な状況であり、これらの不安はブランドのEC化率、セールスコンバージョンと返品率に現れます。

Virtusizeは、自分の持っている服とECサイトで販売している商品のサイズを、これまでに無いほど簡単に比較できるアプリケーションです。数々のWebアワードを受賞した私達のアプリケーションは、ECサイトのセールスコンバージョンを向上し、返品率を下げるだけではありません。何よりもユーザのショッピング体験をより楽しい時間に変えることができます。
Virtusizeの導入メリットを見る

2011年にストックホルムで創業してから少し時間が経ってしまいましたが、2013年11月にバーチャサイズ株式会社を設立しました。日本には数多くの素晴らしいアパレルブランドがあり、オンラインショッピングと店舗をつなげる取り組みが始まっています。今後、Virtusizeではオンラインを超えてユーザのショッピング体験を高められるアプリケーションを揃えて、日本のユーザがもっとオンラインショッピングを楽しめるように注力して参ります。

  • Gustaf Tunhammarの写真
  • Gustaf Tunhammarの署名
    Gustaf Tunhammar, CEO of Virtusize

virtusize 商品イメージ